僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第48夜 光と闇の狭間に囚われて―It is caught in the interstice of light and the dark.(前編) ―

アリス
星空

第48夜 光と闇の狭間に囚われて―It is caught in the interstice of light and the dark. ―

「じゃあ、・・・お世話になりました」
「ええ、また機会があったら寄ってね」
「はいっ」
「・・・・・・」
「・・アレン、思徒の事がまだ気になるさ?」
「あ、いえ・・行きましょう」
そして、アレン達は駅へと向かった。
部屋のカーテンの隙間から除いて見ている思徒を見ながら・・・・。


『アリス・・君はもう傷つかなくていい・・・もう、終わったんだよ・・・』
『アリス 大事な僕のアリス 泣かないで 哀しまないで 君を哀しませるもの全部僕がなくしてあげるからね・・?』

「!」少女は目を覚ました。
「クローディア!目を覚ましたんですね?」大学生がかけるような眼鏡をかけ直している青年が目に入った。
「ゼノン・・また、私実験台にされたの・・?」
「・・・はい」
「良かった。まだ―――命までは取られていない」
「・・ええ。」
「クロー!」
「!アリスッ」アリスと呼ばれた少年は眼鏡をかけている―――ゼノンよりちょっと年下と思えた。
「良かった まだ生きてた・・・ッ」
「・・当たり前でしょう?」
「ははっ だな」
三人は時には仕事仲間で、時には一緒で・・・・・・・・
時には「死神」だった・・・・。
第48夜 光と闇の狭間に囚われて―It is caught in the interstice of light and the dark. (前編)―終わり
(本当短くてすみません)
スポンサーサイト
コメント
なんか、やばくない?
大変な展開に…w

いやー気になるわ~~~。
少しでもPCできて、よかったね~~v

全然短くないよ^^文章!!!v

じゃっ
2008/06/17(火) 16:23 | URL | pawa- #-[ 編集]
ありがとうございます。
2008/06/28(土) 11:46 | URL | 飛龍 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。