僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第51夜 薔薇ノ秘密―Rose-secret―

わぁお
『もしね・・・もし、神様がいたとしたら、私は願う。この世界の終焉を。』
            第51夜 薔薇ノ秘密―Rose-secret―
「『薔薇』は、6年前、ある一人の科学者から生まれた。」
「そして、その1年後、別な科学者が作った『薔薇』が生まれた――――」
「その科学者ともう一人の科学者の関係は友人だったが―――」
「別な科学者は、その科学者の事を憎んでいた―――」
「で、そこから生まれた『薔薇』は、漆黒ノ薔薇――ゼノンだ」
「!?え・・じゃあゼノンさんは―――!?」
「そう、『薔薇』はその人間の心から出来た結晶(モノ)だ」
「そのゼノンを作った科学者は心に闇ができてたそうさー」
「闇・・・・?」
「6年前、『薔薇』を作った科学者は、好奇心いっぱいで作ったらしい」
「そして、もう一人の科学者はトラブル続きで失敗作をたくさん作ってたらしいさー」
「失敗・・・作?」
「そう、失敗作。でも、何故か漆黒ノ薔薇だけは完成できた。
二人は完成後の2ヵ月後息を引き取ったよ―――」
「なっ・・・」
「漆黒ノ薔薇は、漆黒の闇から生まれたからそう、名づけたらしい」
「・・・・ゼノンさんにそんな過去が――・・・・」

                   漆黒ノ闇・・・
          オレは、アリスやクローディアと違う・・・・
違う科学者から生まれた―――バケモノだ・・。
                            父さんがこわかった。
僕を作ってくれた後も何かに取り付かれたようにずっと研究に没頭していたから―――・・・・・・。
  そんな父さんの姿をオレは、カプセルの中から見ていた・・・。
~7年前~
「ううううっ・・・・・うああぁ・・・っ!!」
(!・・・・父さん―――また・・・研究してる・・。)
「あああ・・っ クソォォ!!何故だ!?何故できない?あいつに出来て何故、俺にはできない!!?」
(父さん・・父さん、大丈夫だよ。父さんは僕を作った!すごいことだよ?だから―――)
「あいつが作った『薔薇』は、完成品だ。俺の作った『薔薇』は失敗作・・・!!何なんだ?この差はァ!!?」
(え・・・・・・・・・・・・・・?父さん――――今、なんて・・・・・?)
『失敗作・・・・!!』
(失敗作・・・・僕は失敗作なの?なんで・・・?なんで―――父さんッ!!!)
                    バリンッ
「!!?何だッ 漆黒ノ薔薇・・・・!!?」
                     ガッ
「うああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!?」



あの日、僕は最大の罪を犯してしまった・・・・・・。
         (父さん・・・ごめんなさい ごめんなさい・・・・!!)
         父さんをこの手で、殺してしまったんだ・・・・・・・・・・。
誰かを傷つける―――それは何かが終わってしまうこと。
殺してしまった後で自分の間違いに気づいても取り返しが付かない事になる・・・
その悲しみは何も変えられない程、辛いものなんだ。
今は、どうしてやめなければならないのかわからないかもしれないけど・・・
でも、やめないと後悔する時がきっと在るから・・・・!!!
     僕はあの時、この事に気づいていれば、こんな事件は起きなかったのに・・・。
                              第51夜 薔薇ノ秘密―Rose-secret― 終わり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。