僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第63夜 舞台に上がる役者達―Actors who go up to stage―

(本当は12巻の階段を上がるアレンの画像が良かったんだけど見つからなかった(泣))日本(江戸)へ
『Chees専属メンバーの一人で、「悦び」と「夢ノ扉―ドリーム・ドア」を持つ・・・・メイズ・チィールズ・ブラックです。』
                      Chees!?
       第63夜 舞台に上がる役者達―Actors who go up to stage―

「Chees・・!?なんだソレは・・・っ!?」
「ぷっ・・・あははははははっ」突然、メイズは笑い声をあげた。

「いいですよぉ。その顔ォ・・・、やっぱり聞いてなかったんですね?室長から・・・・・」


「!コムイ・・!?」
「なんで・・コムイさんが!?」


「・・・・・・Cheesは、先日 黒の教団に一通の手紙を送ったんですよ。
まぁ、もちろんブックマンも見たと思いますがァ・・・ねェ?ブックマンJr.?」

「・・・・・・っ 聞いてねェーぞ!そんな話!!!」ラビが言い返す。


「ですよねェ?普通なら、エクソシスト、ファインダー・・、教団全員に言いますよね?
なのに・・・・・言わなかったのは・・・何故だと思いますか?」

「え・・・・っ!?」


「はい、時間切れェ~。正解は、『君達を危険に巻き込みたくないから&Cheesに、咎落ちで死んだはずの、セピア・ソルフェリノが現れて、教団を裏切り、Cheesに入ったから』、でしたァ~」


「!!?咎・・・・・・・落ち!?」
息をのんだ。

「そう!だから・・・・知らせなかったのでェ~す」



「そんなの・・・・・ありえないっ!!!」

「『ありえないことは、ありえない。』だろ?」


「・・・・・・・・・・」


「まぁ、今回はゼノン抹殺計画の為に僕をよこしただけだからァ、遊べないんだァ。本当、残念!
だから・・・・・・・命拾いしたね?今度は、別なCheesが現れるから、その時また、
遊んであげてェー?さよならぁ、アレン・ブックマンJr.」



そして、消えた。
            第63夜 舞台に上がる役者達―Actors who go up to stage― 終わり
スポンサーサイト
コメント
えっ!

そうなの!!!!

やばくない?
いややばすぎ。

うん。
頑張ってアレン!ラビ!

2008/08/16(土) 17:49 | URL | pawa- #-[ 編集]
あざぁぁす!!
コメント、ありがとうございます。pawa-さん。

・・、そうですかね?やばいですか?
2008/08/16(土) 20:02 | URL | 飛龍 連 #-[ 編集]
いえいえ★^^

はいw
やばい展開ですw
咎落ちとか!!
コムイさん;;←その気持ちわかるんだぜ!!!
2008/08/16(土) 22:04 | URL | pawa- #-[ 編集]
多分、これからも大変な展開になる・・・、予定です。

前に笑えるような小説にするとかいってるけど結局戦いになりました・・。すみません;
2008/08/17(日) 15:47 | URL | 飛龍 連 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。