僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第67夜 コムリン+a騒動

ううきゃあ~
「ハァ・・ハァ・・・!!お前は・・・・」

――――――――――――――

「リーバーさん!この建物の下に人が・・・っ!」

「今行くーっ (ちっ、あのバカ室長・・・室長のせいでけが人増えたじゃねぇーか。あの野郎・・)

アレン、そこにある包帯と、消毒液をくれ!」

仲間探しどころじゃありませんでした。

「はいっ!えーと・・・どうぞ!」


「ううっ・・・は・・ン・・ち・・ょ・・」

「待ってろ、アレン!」

「はいっ!道化ノ帯――クラウン・ベルト!!」

クラウン・ベルトは、柱を持ち上げ、下敷きになっていた中年の男性をリーバーが救い上げた。

「はぁ・・はぁ・・」

「おい・・っ大丈夫か?アレン・・」

「・・・大丈夫・・、です」

       (ゾクッ・・・)
!え―――?なんだ?今の・・・?

「班長ーっ」

「!マービン!?」

「コムリン+aが来ますッ」

「何!?いかんっ アレン―――」

な・・・んだ?体・・が―――動かない・・・?

「アレ―――――ドドドドドドドドドドドッ


「行っけぇー!!コムリン+a!!!」コムイが叫んでる。

「!?室長!?」

「なんでンなところに・・・」

「つーか、あんたリナリーの為にどんだけ時間と汗とお金をかけて・・・」

「リナリーを捜せェー」

コムイが研究員達を無視して、叫び続ける。

「コム・・・・イ・・・さっ?」

「!ムッ。アレンくん発見!つーわけで、コムリン+a!アレンくん保護開始ィー」

『了解。保護体制・・・開始。』

すると、コムリン+aこと、コムリンはミサイルを取り出した。

「え?」やな予感・・・。

「うてぇーーーーーー!!!!」

「しつちょう!?」

「アレンーーーーーーーーーっ」



バーガン


そして、アレンは気絶したまま、コムリンの「保護室」というプレートがはってある、ドアの中に入れられた。
                                 続く


スポンサーサイト
コメント
+a!!!!!!!!!!!!
おいぃーーー!!!
アレンをー
どうするんだァー

ラビ!!!!?!
平気かァ????



わー続き気になる。!
2008/08/19(火) 21:42 | URL | pawa- #-[ 編集]
さぁどうでしょう・・・?フフフ・・(ごめんなさい。
2008/08/20(水) 09:39 | URL | 飛龍 連 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。