僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.Gray-man 第80夜 退かない者達



「ぷはぁ!!ハァ・・ハァ・・助かったー。ラビ、大丈夫ですか?」
瓦礫の下からアレンが出てきた。

「いってて・・・何とか」
そしてその後ろからラビも出てきた。

「何がおきたんさー?」

「さぁ・・・?ん?」

ゴゴゴゴゴオォォッ・・・・

「!また地響き・・!?」

「一体何が起きてんさ!?」
祝!第80夜!!
    D.Gray-man 第80夜 退かない者達

「!?なんだ・・・・っ」

「ふふ・・・始まった♪始まった♪」

「何が始まった!?」

「それは、見てからのお楽しみだよ・・・・・・」

こいつ・・・・・だんだん口調が変わってくる・・・?

「じゃあ、次はどこを傷つけてほしいさ?」

!!

「腕にしますか?」

これは・・・・・・・・

「それも、心臓にする?」

・・・・・・・・・

「それとも・・・・・・・・・・・・」

まさか・・・・・ッ!!!

「×××××××?」

・・・・・・・・「あの人」の声・・・・・・。「あの人」の口調・・・・・・・。

         ドックンッ

「・・・・・・・始めるぞ」

俺ノ 口調ニ・・・・・・・・・・・・・・?

「はあああああああああああぁぁぁぁぁっっっっ」

レーナがこちらにせまってくる。

俺は何故だか、身動きがとれなかった。


        ドカッ


「・・・・・・、止みましたね。地響き」

「ああ、・・・・とりあえず、包帯と湿布、それから必要な薬品持って帰るさ!」


「はいっ・・・・・ん?」

「今度は何さ!?」

「・・・・いえ、見覚えの無い瓶が転がってたモンで・・・・」

「それ・・・・コムイの奴じゃねぇーの?」

「・・・・・まさか」

「ムゴ・・・・ッ」

「!?誰ですかッ」

「グググッ・・・・」

「!!コムイ こんな所で何してんさ!?」

ラビはすぐさま、駆けつけ、コムイの縄をはずした。

「ぷはっ・・・大変なんだッ!!!リナリーと・・・っ神田くんが・・・・・危ない!!」

         「え・・・・・・・・?」



「あーあ、つまんなかった。神田さん、もう終わりなんですもの。ほら、リナリーさん起きてるんでしょ?

 起きなさい」

レーナは靴でリナリーの首を動かした。

「くっ・・・・・よくも・・・・・神田を・・・・っ」

「おっ?抵抗する気?」

「・・・・・・・・あっ」

「そーだよね?動けるはずないよね。というか、大丈夫だよ。神田さんは死んでないよ。
 私が用があるのは、あなたと彼ですもの」

「・・・・・・・・・・・?」
何を・・・・・言ってるの・・・・?


「Cheesで用があるのはアレン・ウォーカーなんだけど、別なCheesが彼を追ってるから。」

「・・・・・・何を・・・・する気?」

「それはまだ秘密❤・・・・・・・もう、時間が無いわね。ごめんなさい」

突如レーナは、スプレーを取り出し、リナリーへ向けた。

リナリーは気を失った。

「ほら、来た♪来た♪」

ダダダダッ・・・・・

「リナリー!神田くんっ」

「・・・・・・バイバイ」

      シュッ

神田とリナリー、そしてレーナは消えた。

「・・・・・一体、何がどうなっているんだ・・・・・・?」

                 続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。