僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16夜 そして鐘が鳴る頃に―Enemy Birth―敵出現

第16夜 そして鐘が鳴る頃に―Enemy Birth―敵出現
     千年伯爵


「ロードが居ると言う事。それはノアの一族がこの空間での戦いに参戦したと言う事―――
急がなければ・・早く、早く―――あれを捜さなければ・・・そうしないと私は・・・・私は―――」
―――――――――
どこかの場所 ここの空間ではない別な世界
「今日で三つ目の鐘が鳴ってしまった――早く最後の鐘が鳴る前にそこから脱出しなければ貴方達の「未来」は永遠に無くなってしまうだろう・・・・・」
どこかの場所 ここではない所
「さぁ鐘が全部鳴る頃にそこから脱出できるかな?ゲームはもう始まっている。カウントダウンの始まりだよっ!!」
どこかの空間 ここではなくてそう遠くない場所
「ふふっ――始まったよぉ?ティキー。千年公。
「殺し合い」というゲームの始まりだよぉ?」
「ゲームはもう始まっている。途中からの参加は出来ない。」
「グフフフ❤さぁ、エクソシストォ、貴方達はここから出る為にある事をしなければなりませン❤それは何でしょうかネェ・・・❤グフフフフッ❤」
「千年公の考える事はいつも分からないからねェ それにいつもグロいしぃ?」
「少年達を殺すあの感触は一体どんな感じなのかな――・・?ねぇ、千年公俺らが行っちゃダメなんすかねー?」
「ダメでス❤(即答)」
「はいはい、即答ですか・・・ま、こうやってゲームを見ながら楽しむのもたまにはいいかな?」
「あれぇーティキーが久々に楽しんでるぅー!雪が降るよ!きっと!」
「それが本当なら洗濯物を中にいれなきゃダメですネェ❤」
「ねぇなんでそうなんの??」
「えーっ?普通じゃないのぉ?」
「そういやここから出る為にある事をしなきゃいけないってなんなんすか?千年公?」
「フフッ―どこかの場所 ここの空間ではない別な世界でもう解っている人はいます―❤特別に、
教えてあげましょウ❤それは・・・・」
―――――――
「へぇ・・くっはははははっ!おもしろいよぉ!のった!その話のったっ!」
「・・じゃあ、あの「里桜」と「メロディ」っていう女の子、あの二人は・・・・・」
「ええ、そうですヨ。「餌」みたいなモノでス❤」
「千年公も悪だねェ~。まぁ、二人殺って二石三鳥じゃん?」
「ロード、それを言うなら・・・・」ティキが言おうとしたその時!
一石二鳥ですヨ❤ロード、まだまだお勉強が必要ですネ❤?」
「えーっ?ベンキョーめんどくさぁーい♪それより遊んだ方がいいよぉ~」
「ダメでス❤」
「ちぇーっ でも僕のお陰でエクソシスト達は遊んでるんだよぉ?」
「それとこれは別でス❤ティキぽん、教えてあげなさイ❤」
「えっ・・!?ちょっと千年公俺、学無ェんですけど!!」
「ティキーはバカだから無理だよぉ。千年公ぉ」
「そうですネ❤」
「バカにしてる・・っ!絶対バカにしてますよねぇー!?」
「してないよぉ?ただティキーはバカなのは事実だから。しょうがないじゃん?実際、僕よりバカだしぃ?ギャハハハハハッ!!!」
「いつか殺す・・っ!いつか殺してぇ・・!!」
「さぁて、オシャベリはここまでとしましょうかネ❤行きましょう 新たな方舟と共に。」
「あい」
「はぁーい」
第16夜 そして鐘が鳴る頃に―Enemy Birth―敵出現  終わり
スポンサーサイト
コメント
はいはァい!!!
おう!!!!今回は
千年公とロードとティキが!!!
次回も楽しみにしてるよ★+*・。
がんばっWWW
2008/04/29(火) 15:26 | URL | pawa- #-[ 編集]
pawa-さん>ええ、今回はティキーとロードと千年公の話を書いてみました(二回目~)ありがとうございます。
2008/04/30(水) 18:40 | URL | 飛龍 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。