僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第88夜 仏の顔も三度まで(四字熟語&諺系・・・)

でぇーと。


第88夜 仏の顔も三度まで


「ただいまぁー兄さんッ」

「おかえりぃーリナリー」

そして、妹に抱きつく兄。リナリーは蹴ろうとしたが。

「俺はスルーなのかよ・・・」

「まぁまぁ、ほら食堂にGO-」

「・・?何が在るの?」

「それはぁ、見てのお楽しみ!ほらほら、ラビも!」

「はい、食堂到着ー」

「一体何が始まるんさ?」

「フフフ・・・じゃーん!!」

一気に、部屋が明るくなった

「わぁーすごい!」

「これは何さ?」

「今日は、クリスマスパーティをするんだよ」

「あ・・そっかー」

「というわけでね、リナリーこれに着替えてくれるかな!?」

クリスマス衣装。

「嫌よ!;普通にそれ、センス疑うわッ」本気で怒っております。

「趣味悪いとしか思えねェーさ」

「ぶー。失礼なァ」

「はいはい~、良い子の皆さんサンタさんからプレゼントですよー」

「アレンくんっ!?と・・・・神田;?」

神田は・・・トナカイの(フードかぶってない。服だけ)衣装をきていた・・・。

「ふざけるなッ おいコムイ!話が違うぞ」

「はーい、悪いトナカイさんはほっておきましょうねー。はい、どうぞー」既に子ども扱い。

「あ、お菓子さッ」

「ジェリーさん特製ですよ」

「うまいさー」

「さぁーて、そろそろ登場してもらいましょー」

「え?」

「R.K・・・バコンッ

リナリーがダーク・ブーツでコムイを蹴飛ばした。

「・・・・リ・・リナリー・・・さん?;」

「私・・帰るわ。さようなら」

「あ・・リナリー待ってよぉぉぉぉぉ お・・おにいちゃんは・・っ」

「・・アホらしくなってきたんで、僕も帰ります。じゃ、後片付けお願いしますね」

「俺も帰る。寝てやる」(勝手に寝ろ

「・・・じゃあな、コムイ;」哀れな目つきでラビはさっていた・・。

クリスマスパーティが二度と行われなくなったのは、この事件があったからだと言われている・・。

=仏の顔も三度まで。

                     続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。