僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.Gray-man 第20夜 next page 

クラウン

王様

『自由と権利は欲しくないか?メロディ』
―――D.Gray-man 第20夜  next page―――
「自由と・・・・権利?
『そうだもしこれが成功したなら君はまだ見た事の無い外の世界へ行ける。奴隷じゃない。自由に生きられる』
「・・・保証はあるの?」
『おや、君の口からそんな言葉が出てくるなんて・・・いいよ。保証してやる。もしもの時はね・・・・』
当時の私にはその言葉の意味は良くわからなかった。けど私は実際に外の世界に言った事が無かった。だから乗ったかもしれない―――本で錬金術の言葉にある言葉があったのをまだ覚えている―『人は何かの犠牲無しに何も得る事は無い―――得ようとするのならそれと同じ代価が必要だ――』確かにそうかもしれない――よく考えれば私達は何かの犠牲無しに何も得る事はできない――――この話に乗らなければ私は一生『奴隷』として扱われる―――そんなのは嫌だ。だから私は話に乗ってしまった――
『(にやっ)OKじゃあまず――』
その『計画』は後に人々を巻き込む『糧』となる――――

『ここまでは良かったんだよぉ・・メロディ自身はね。僕はこの計画さえあれば自由に動ける「体」が手に入る―――その後メロディは「奴隷」からごく普通の「ニンゲン」に戻った――そして僕自身も自由自在に動ける「体」を手に入れた―――そして僕が力尽きたと同時にメロディは千年伯爵を呼び・・』
「貴方をアクマにしたんですね――?」
「え!?」「何・・っ」
『そこまではAKUMAと同じ。けれど違う―――あの時千年伯爵が言った――』

「貴方をアクマにするなんて出来ませんネ❤」
「え・・・・?」
「貴方にちょこっとだけ『お仕事』を頼んでもいいですか――?」
「仕・・・事?」
「そうでス❤貴方は『仮のノア』になってくれませんかネェ❤」
「仮・・?ノア・・?」
「我々の人形になってくれませんカ❤?」
「人形・・・?」
「そうすれば吾輩が里桜を蘇らせ、貴女はAKUMAにはならず、ずっーと一緒に里桜と居られますが・・・どうしますカ❤?」
「・・・・やる。やるよ。里桜が蘇ってくれるのなら―――」
「わかりましタ❤では早速・・・・❤」

『というわけで僕はAKUMAじゃないんだぁ』
「・・・・なるほどわかりました。メロディは舞台で踊されていたんですね・・?」
「!利用されたって事・・・?」
『そうだよぉ☆じゃあそろそろ始めようかぁ?アレン・ウォーカー❤』
第20夜 終わり


あとがき~。
イェイ☆ついに20夜いきましたね。これも皆様のおかげです。ありがとうございます。さて次回予告みたいなの(?)いってみましょう~。
明かされた過去と共に物語は動き出す――――次回D.Gray-man 第21夜「鎮魂曲-レクイエム-」(なんかアニメっぽくなった・・・)
スポンサーサイト
コメント
WWW
うわぁ今回ゎ、すんごい進んだね!!!
なんかこれから大変そう!!!
書くのがんばってね!!!
続きが気になりますv-238
2008/05/05(月) 01:40 | URL | pawa- #-[ 編集]
pawa-さん>ありがとうございます。第20夜に進めたのもpawa-さん達のおかげだと思っています。ありがとうございます。
2008/05/06(火) 15:18 | URL | 飛龍 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。