僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第29夜 神田ユウ奪還戦争(神田ナレーター)

奪還戦争~

「神田っ次の所曲がりますからね!!」モヤシは必ず俺に報告する。
「だから・・・っ急に言うなって!!!」
「仕方ないでしょう!?戦争なんですから!」
「だからって俺の頭で柱倒すなよッッ!!」
「ちょっとだけじゃないですか!それに、戦争に犠牲はつき物だって言ったのはあなたでしょう!?」
「お前はその時虚しいって言っただろうがッ!!!」
「そんなこ・・・ブワッ!?」
モヤシが縄に引っかかったおかげで俺は飛ばされた。
「もーらいっ❤」何故だが知らんがお姫様抱っこの様な形になった。
「なっ・・ラ・・」
「全速力☆」
「人の話を聞っ・・!!」
「はーいはい~ユウは黙っててさーあ、そうそう。もしオレが勝ったらユウの事、ユウって呼んでいい?あ、それともユウ自身もらっていい?」
「はぁ!?ふざけんなッ・・」
「曲がるよ~ん」
「変な応え方すんな!!」
「クロス・バリング!!」
「おわっ!?きたねェーぞ!アレン。イノセンス使うなんて!!」
「きたないのはそっちでしょう?」
いや、どっちもきたないとは思うのは俺だけか?
「なら・・大槌子槌・・満・・満・・
           ガシャーン モヤシは飛ばされその勢いで柱がまた折れた。
「って何やってんだ!!つーか、いい加減おろせぇー!!」
「ははっ♪嫌さ~だって、いつ何時ユウの面白い顔が見られるからさー」
「ユウって呼ぶのは勝ったらの話だろ!俺の名前を口にすんじゃ・・・」
そっとラビは俺の顔に近づいてきた。
「な・・っ、なんだよ・・」
「勝ったらの話?確かにオレはそー言ったけどユウ、その時「ふざけんじゃなッ・・」って言ったろ?つまりユウはその件にして「Yes」とは言っていないし、その件は放置したままだ。だからオレは「ユウ」って呼んでるんさ」
「なっ・・だから違う・・ッ!!とにかく、下の階でコムイ達がいるんだろ?そこに連れて行けッ!!」
「えーじゃあ戦争はどうなるんさ~?」
「中断に決まっているだろうがッ!!」
「というわけでやっとユウが「中断」って言ったからもう終わりにしようさーアレン」
「そーですね。全く。演技は疲れましたよ」
は?演技?
「そっ。もしこんな事になったらユウはどーんな態度を見せてくれるかなぁ~ってね」
「ふざけるな!」
「あーどうどう。ま そんなわけで・・脱出!!!」
あっという間に俺達は下の階に降りた。

「!神田くん」「神田!良かった・・無事で」
「ああ、まあな」
「ところで・・・何?その・・・」
「は?  !!!」
まだお姫様抱っこだった・・・。
「違ッ・・俺はただその・・足が骨折して・・」
「それは大変だね。医療班!こっちに来てくれ!」
「はい」医療班の確認をコムイは行った。
「大丈夫?すごい怪我だよ?」
「・・・こんなの大したことは無い」
やっとラビが開放して、俺はやはり立てなかったので床に座ったままだった。
「大したことよ!全く・・無茶ばっかりして!・・・・でも・・・逝かなくて良かった・・・
「は?何か言ったか?」
「あ!ううん、とにかく治療した方がいいわ」
「ああ・・・」
「・・・神田」←モヤシ
「あ?」
「ずっと気になっていたんですけど、その胸のタトゥーン何ですか?そんな大きいタトゥーンいれてましたっけ?」
モヤシが・・・・そう言った。そこにコムイが来た。危険を察したのだろうか。
「アレンくん達も早く治療を!!」
「え?あ、はい。神田所でそれ本当に何なんですか?」
「・・・別に。」
「神田・・・・話があっていませんね。というかちゃと人の話を聞いてますか?」
「アレン!ラビ、こっち手伝ってくれ!!消火しないと・・」
「あ、はーい。行きましょう、ラビ!」リーバーが言う。
「おいさ!」
モヤシとラビはリーバーの元へ行った。
「・・・・・」
「神田くん・・」
「別に大した事はない。安心しろ、ただ・・・・油断しただけだ」
「・・・そっか」
コムイは安心そうに言った。
「コムイ室長!けが人はどこですか?」
「あ、ここだ。ほら、神田くん乗れるかい?」
「・・・・一人で立てる。邪魔するな」
「ははっ」
「室長!至急来ていただいたいのですが・・・」
「分かった。今行く」
・・・・・・・・これで終わったんだ・・・。第1幕は閉じた。だが、千年伯爵は黙っていないだろう。
その為に俺はここにいる。その為だけに俺は在る。それに・・今はボロボロだけど、俺は・・・俺達は・・ちゃんと生きている。
                            第29夜終わり





はい、やっと・・戦いが終わりました・・っ!!!疲れましたね・・・アッハッハハハ・・。最後のセリフは何となくZOMBIE-LOANと鋼の錬金術師のセリフからを基にして改良してみました・・。私的に気に入っています。
それからラビのセリフ・・意味わかんなかったらごめんなさい!本当、自分でも何言ってるのか全然分かりませんでした・・。ハイ。さて、次回はなんと第30夜突破~!おめでとー。というわけで今度も頑張ってギャグ系にいってみようと思います。頑張りますのでよろしくお願いします。by飛龍
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。