僕らの旅―Bokura no tabi―

このブログは4月2日をもって終了します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.Gray-man 第34夜 パーティズメモリーⅤ~Don’t give up EKUSOSISUTOS stoy~

かっけぇアレン

第34夜 パーティズメモリーⅤ~Don’t give up EKUSOSISUTOS stoy~

「ハァ・・ハァ・・・!!!」
「やぁ~早かったねェ。」
「コムイ・・兄さん!!いい加減にして!!」激怒中のリナリー。
「コムイさん・・一体何を考えているんですか!!」
「そうさ!三日間こんな事させるなんて!」
「いや~深い意味があるんだけどさぁ~」
「え?」一瞬静まり返った。
「実はあの「未来予想図」の続きがある事が発覚したんだ」
「未来・・・」
「予想・・・図?」
「ああ、だから皆にまず遊んでもらいたかったんだよ☆どうせ、皆お遊びに夢中だし?」コムイはパーティーの事を「お遊び」扱いした。
「コムイさんが提案したんじゃないですか!!」
「!!あー思い出したさ!!」
「!?本当かい、ラビ!!」
「ああ、ただ・・オレが聴いたのは―――」
「聴いた?」
「ああ、昔「江戸」である女の子が歌っていたんさ。手鞠歌かな?手鞠やってたし・・でもちょっと違うんだよな~」
「その歌、覚えているかい?」
「ああ、今思い出し中。」
「ラビは何たって次期ブックマンだしね」
「ああ・・!そうさ確か・・・」
『光だけが闇を生んで真実は偽りに揺れる
信じてもいいでしょう? あなたとの想い出を
光の許闇は生まれ解き放たれる鎖
忘れはしないでしょう? 星を繋ぐ物語
流れ星に私は祈る 溢れる涙
交わらない 君と僕
信じられる人も 信じる人も いない
けれど ちゃんと心が在る』
「・・・っていう感じの歌だったと思うさー」
「そうか・・でも何だか変な感じがするなぁ~」
「だろ?何か、ひっかかるんさね~」
「うん、分かったまた調べてみるよ。ありがと、ラビ」
「どーいたしまして❤お安い御用さ」
「じゃあそろそろこのくだらないお遊びを終わりにするか!!」
「賛成」「意義なし~」
『そこまでですー!!!』

「ヒッ!?すみません、すみません!!」
「ミランダ!?」
『さぁて制限時間は3日間と言いましたが取りやめで今日で終了しまぁーす☆急でゴメンねェ』
「ふざけんなぁー!」「何の為に俺らは歩き回ってたんだー!!!」激怒のファインダー達。
「ハァ・・・気が・・抜けた・・ぁ」「ジョニー・・オレもだ はぁー」



「じゃあ兄さん、私達行くわね」
「おやすみー」
「おやすみなさい ラビ リナリー」
「あ、リナリー以外の男は残ってくれる?」
「は?ああ、分かった」
「え?」
「別にいいけどさ?何よ?」
                                終わり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

飛龍 連

Author:飛龍 連
やっと皆と同じ歳にならんだ遅生まれの水瓶座。


桜が大好きな管理人。

もうすぐ、春ですね。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

黒ねこ時計 くろック D02
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。